闘病記

「クローン病=痩せている」わけではないんだね。

こんにちは、えのかぷさいです。

クローン病の方ってほとんどがそうだと思いますけど、経腸栄養剤を摂取してると思うんですよ。ラコールとかエンシュアとかありますけど、大体「エレンタール」ですかね。

あ、そうだ。後日「経腸栄養剤の種類」についてお話したいと思います。つか、今書いてて思いました。

 

んで、クローン病の人は、まぁ簡単に言うと「腸の機能が低下」しているって事で、「栄養吸収能力」が一般の人と比べて「低い」から「低脂質、低残渣、高カロリー」な食事を心がけると。でも、食事からは推奨量の栄養が摂取(吸収)できないから、「経腸栄養剤」で補う(他の目的もあるが)って事なんですよね。なので、僕は「クローン病患者=痩せている」というイメージがあったんですけど、実はそうばかりじゃないって事を先日知りました。

意外にも、一般的に「肥満(ディスってません)」と呼ばれる体形の方がいるんですよね。もちろん、クローン病といっても「腸機能」の症状は様々でしょうから一概に「クローン病=栄養吸収しない」とは思っていませんが、それにしてもかなり体格の良い方をお見受けしました。その方に「僕は「クローン病=痩せている」というイメージを持っていたが、なぜ「その体形」なのか」を聞いてみたかったのですが、「スリム」とか「マッチョ」とかなら別ですけど、体形って結構デリケートな部分があるじゃないですか。だから聞けないんですけど、もし、「クローン病だから太った」という病的な原因があるとしたら是非「知識」として覚えておきたかったんですよね。例えば、同じ糖尿病でも「太っている」かたと「痩せている」方がいるように。

 

今のところリョッチャは痩せ型ではありますが、もしクローン病に関わる原因で太ってしまう事があるとしたら「事前に防げるものであれば」予防したいですかね。「見かけ」も「無い」とは言えませんが、それより「太る事による弊害」が心配ですからね。そうそう。実はね。リョッチャがクローン病の治療初期(断食期間中)の頃、週一ごとの検査の時に点滴で脂肪注入してたんだよね。当時治療してくれていた先生(現在の主治医とは別)の判断だったと思うんですが、リョッチャの身体が週ごとにフクフクしてきて皮下脂肪が凄いついた時があったんですよね(汗 その先生はその後移動になって現在の主治医にバトンタッチしたんですけど、タッチ後すぐに「ちょっと脂肪摂りすぎですね。点滴ヤメましょう」となりました。幸いリョッチャの身体の少しずつ元に戻ってくれましたが、

 

何してくれちゃってんのよ!

 

でしたね、ほんと。

 

ではまたっm(__)m

 

YouTube 「IBD安心レシピ」(始めたばかりですm(_ _)m)

https://www.youtube.com/channel/UCa8mzW96fF55rX43J3KLX_Q

twitter (えの@11歳からのクローン病)

https://mobile.twitter.com/enokapusai

-闘病記
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© クローン病「俺は死ぬまで寛解期!」 , 2020 All Rights Reserved.