闘病記

エレンタールゼリーを「小便」と言う隣のクラスの悪い奴。

こんにちは、えのかぷさいです。

小6の時、お昼のお弁当時にエレンタールゼリーを食べていたら、隣のクラスの同級生に「あー、しょんべん(小便)食ってる」と言われた事がありました。本人は「あいつむかつく」と言ってたものの、それほど気にしてる様子ではなかったんですが、そんな事聞いたら親としては「腹が立つ」どころではありません。

確かに、病気を公開したのは「同じクラス」が対象なので隣のクラスの子達は大半の子(友達以外)はリョッチャが病気だという事を知らない(知らなかった)のもあるんですが、それにしても「しょんべん食ってる。」はさすがに許せません。

という事で、証拠を押さえるため給食時に録音できるよう設定した腕時計型のボイスレコーダーを持たせました。幸いエレンタールを飲むタイミングをタイマーで知らせる為の腕時計着用の許可は学校から取っていたので、いつもと変わらず録音する事ができました。こういった問題は、先に学校に言えば揉み消される可能性がありますからね。自己責任で即行動ですよ。

リョッチャには「次言われたら「おい〇〇(相手の名前)。しょんべん食ってるっていうな。」と、レコーダーにはっきり音声が残るように「相手の名前。言った言葉。」を言い返すんだよ。」と何度も練習させました。

子供社会だ多少の事は仕方がない。だが、いささかこの件は許せない。子供だろうと容赦しない。その証拠を持って学校に報告し、言った生徒と親に謝罪させたうえに「あいつはこーゆー奴だ」と校内、自治体、PTAなどあらゆる方面にあらゆる手を尽くして吊るし上げてやるわ!

と思いましが、当の本人はやっぱりそれほど気にしておらず、最終的にはリョッチャが「別に何とも思ってないよ。この前も言われたけど「しょんべじゃねーわ!」って言い返して終わりだし。」って事だったのと、かばってくれる友達もいたり、結局言われたのは2~3回程度で終わったらしいので、一応担任には「本人と保護者にはまだ言わないでください。今後続くようなら問題提起します。」と報告だけして終わりにしました。いやーほんとその時は「どんな思いでコレ食ってると思ってんだ!」と思って泣けるほど腹立ちましたね。

ただ、そこは子供。隣の地区の子に幼稚園の頃から仲の良い友達がいて、その友達って事もあり、それから数か月後には休みの日に一緒に遊んだりと、普通に友達になっていました。親とも話をする機会が何度かありましたが、この件は一切口にしませんでした。それが良かったか言うべきだったか、こーゆー記事を書くと思い出しますが、今でもわかりません。

ただ、リョッチャがクローン病になって、これから病気と共存していくうえで「一つ壁を越えた」というのは間違いないでしょう。

ではまたっm(__)m

YouTube 「IBD安心レシピ」(始めたばかりですm(_ _)m) 

https://www.youtube.com/channel/UCa8mzW96fF55rX43J3KLX_Q

 twitter (えの@11歳からのクローン病) 

https://mobile.twitter.com/enokapusai

-闘病記
-, , , , , , , , , ,

Copyright© クローン病「俺は死ぬまで寛解期!」 , 2020 All Rights Reserved.