闘病記

auの「スマイルハート割引」とは。

こんにちは、えのかぷさいです。

大変ご無沙汰しておりました。というのも、息子のその後はとても順調で、今月の頭にあった診察&検査でも基準値を維持。食事も食べられるもの(過去に紹介しているもの)のループで特に変化がなかったんですよね。

さてそんな中、今日はauショップに行ってきました。どのキャリアもショップでの諸手続きには大変時間がかかるので余程のことがない限り行く気になれないのですが、「スマイルハート割引」なる割引が特定疾病でも対象になると聞いたので公式サイトで確認したところ、「基本料金から1700円割引」と書いてあったんですよ。これ適用すれば年額で20400円の節約。うん、そら重い腰上げざるをえません。って事で、数日前に予約しておいた本日14:00に入店。

店員さん「こちらに必要事項を記入してください。」

ほら来た。入店早々これだから参る。ネット予約の時点で散々入力した住所や名前等の契約者の詳細をA4用紙にびっちり書けと言うわけだ。予約サイトで「ご来店時にスムーズな対応が取れますよう~」と記載があったので、予約時に契約者情報の他に相談&手続きの内容まで細かく入力したのにもかかわらず、現地で全く同じことを書かせるこのシステム。

「だから嫌なんだ」

と小言の一言も言ってやりたかったけど、目の前の店員さんに罪は無い。さて、一通り記入を終え提出。「確認しますので少々お待ち下さい」の声を後に一通り店内を物色する事15分。

「確認まで長くね?少々じゃなくて大々の間違いじゃね?」

と小言の一言も言ってやりたかったけど、目の前~(略って事で、やっと「スマイルハート割引」の手続きが始まりました。我が家の場合、リョッチャ用の携帯は小学校の頃から所持しているマモリーノ。もちろん僕の名義だったため、まずこれを本人の名義に変更した後スマイルハート割引の手続きをするとのこと。

という事で、お決まりの「確認」が始まります。僕のクレジットカードを渡しーのリョッチャの保険証を渡しーの受給者証を渡しーのこれらを全部スキャンしーのどうやら一回スキャン失敗しーのからの、元の契約者のサイン書かされーの次の契約者のサイン書かされーの保護者のサイン書かされーの何故か最後にもう一度契約者のサイン書かされーのでやっと手続き完了、ここまで約1時間。

「やっと終わったぜ!」

と小さくガッツポーズをとった所で店員さん。

店員さん「こちらが来月からの料金になります。」    僕     「あー、ありがとうございますー。(料金内訳明細を刮目する)」

・・・・・・・・・。

     僕    「あの、、、200円しか安くなってないんですけど?」店員さん「いえ、1700円の割引が適用されておりますけど?」     僕    「え?ここに書いてある基本料金から1700円割引されるんじゃないんですか?」店員さん「いえ、ここの料金から1700円です。」     僕      「な、な、な、、、なにー?!」

イメージ 1

おいおい、これはずるいだろ。だからつい「えー?これちょっとずるくないですかー」と一言出てしまいました。だって「2年縛り割引後」の金額が一番上にしかもでかく表記されてるんだもん。普通は「基本料金」が大前提で「◯◯割引き適用で◯◯になって~」でしょ?あ。そうかわかった。

ちゃんと読まない僕が悪いんだな?この簿記の試験並に複雑かつ紛らわしいプランを熟知し理解できなかった僕が悪いって言うんだろあーそうさこんなのワケわからんし時間割いてわかろうともしないさ!、と。ここまで約2時間。
いやー、「約款や契約書は小さな文字から先に読め」と言った恩師の言葉を思い出しました。

はい、という事でおさらいしましょう。auの「スーパーカケホ」の場合、通常の基本料金は3200円で、2年縛り付けると1500円割引で毎月の基本料は1700円。ここからスマイルハート割引きが追加適用されるわけではなく、あくまで「通常の基本料金3200円」から1700円割引で1500円。その差額は200円。つまり、

「今支払っている基本料金1700円(2年縛り)からスマイルハート割引適用で1700円安くなる」

という解釈は「間違い」だ、ということです。
さて、今回はauの場合でしたが、別のキャリアでも障害者等割引きがあると思います。おそらく見落としがちな表記とカラクリで「◯◯円割引!」に目を向けさせてきますが、一概に間に受けない方が良いかもしれません。


あ、要所で「イラついた感情の表現」がありますが、決して店員さんが悪い訳ではありません。スキャンを一度失敗した以外は順調でしたし、むしろ「受付~推奨~説明~契約~アフターサービス」まで総合的な案内を全て一人で賄うスマホショップの店員さんのスキルには頭が下がります。

ただね。やっぱほら。手続きってこちら側は進展状況がわからないから、無駄に時間ばかりかかってるように感じるんだよね。だからイライラしちゃうんだよな。だから今回は一言だけ出てしまったけど、2時間かけて200円の割引でガッカリしたのと、「1700円割引」の表記に「但し」の説明が甘かった公式に免じて許して下さい。

ではまたっm(_ _)m

YouTube 「IBD安心レシピ」(始めたばかりですm(_ _)m) 

https://www.youtube.com/channel/UCa8mzW96fF55rX43J3KLX_Q

 twitter (えの@11歳からのクローン病) 

https://mobile.twitter.com/enokapusai

-闘病記

Copyright© クローン病「俺は死ぬまで寛解期!」 , 2020 All Rights Reserved.