闘病記

発病前と発病後の食生活。

こんにちは、えのかぷさいです。


リョッチャのお弁当生活が始まってから、我が家では発病前と比べてだいぶ食生活が変わりました。カレーもハンバーグも、もちろんマクドナルドもしばらく食べていません。食べようと思えばランチで食べる事もできるのですが、「まだリョッチャは食べられないのに」と思うと、気が進みません。

朝食や夕食も、以前に比べて並ぶメニューが変わりました。もっとも、まだリョッチャが、お米はお粥。味噌汁、葉物。固形物は小口切にしたものしか食べれないということもあるのですが、油を使った料理だとコクのあるいい匂いが充満するし、「食べたいのに食べられない物」を、僕達がリョッチャの前で食べるわけにはいきませんし。ただ、それでもお米は普通のご飯にさせてもらってますが(汗


ただし、悪い事ばかりではありません。リョッチャが脂質の多い物やこれまで食べれていた好物が食べられなくなってしまった事によって、食卓はヘルシーになりました。これは、僕と妻にとっても良い事です。なかなか自分の意思では抑えられなかった高脂質&高カロリーの物も、今では食卓に並びません。でも反動で、夕食は控えめにしておいて、リョッチャが寝た後にヤヴァイものをモリモリ食べてしまう事があります。食べる時間が遅くなるだけに、これはかえって良くないので気をつけなければ(汗

イメージ 1

昨日のお弁当はこちら。いつもiPadで撮るのですが、今回はスマホなので縦長になってしまいました。お豆腐の味噌汁にいつもの粉ふき芋。五分粥の上に人参、ほうれん草、ササミをビビンバ風に味付けしてのせました。リョッチャのリクエストは基本的にお味噌汁&粉ふき芋は変わらないので、お味噌汁の具と、他に一品何か考えるだけで良いので楽ちんです。まぁ、お弁当は僕は手伝う程度ですが(笑お弁当になる前はエレンタールゼリーを朝作って登校時に持たせていましたが、お弁当になってからは基本的に給食までに届けるようにしています。運送役は基本的に僕。仕事柄11時頃に家を出る事が多いし、通勤途中に学校があるので適役です。

イメージ 2

夜は毎度の粉ふき芋とお味噌汁に加え、久しぶりの鯵の塩焼き。本当は鯵の干物がリョッチャの大好物(ただし手作り限定)なのですが、昨日は開いて干している時間がなかったので塩焼きで。それでも久しぶりの鯵に大喜びで、胴だけで20cmほどある鯵の半身ほど食べました。週末は新鮮な鯵を買ってきて干物にしてあげようとおもいます。

昨夜、リョッチャが「お父さんとお母さんは好きなものがたべられていいな」と、ボソッと呟きました。本当に胸が痛みます。ただ、リョッチャは優しい子なので、その言葉に対して暗い反応をしては発言した事を自責してしまうかもしれないと思い、「スマンなリョッチャ!まぁ、食べられないものについてはできるだけ避けたほうが良いというだけで、今後一口も食べられないわけじゃないよ!」などと、精一杯明るく振舞いました。

レミケードが服用できる年齢になれば、かなり食事の範囲も広がるらしいのですが、それまでは仕方ありません。それに、「全くダメ」というわけではなく、「少量なら」とか「体調によって」という緩和がありますので、毎日の食事や体重、体温など記録を取って、計画的の調整していこうと思います。とはいうものの、「食べられないよりマシ」というだけで、発病前と比較したら相当な制限ですから、本当に辛いでしょうけど(泣


頑張れリョッチャ!

昨日のお薬&食事

  • 朝:エレンタール×3(900ml)             
  • ペンタサ250mg×4
  • 昼:エレンタールゼリー×1(200g)             
  • 五分粥、ビビンバ風(人参、ほうれん草、ササミ)、豆腐の味噌汁、こふき芋。    
  • 夜:エレンタールゼリー×1(200g)             
  • フェルム100mg×1             
  • 五分粥、鯵の塩焼き、こふき芋、豆腐とお麩の味噌汁。             鯵でお腹がいっぱいになったのか、ジュースやおやつは食べませんでした。

以上、ではまた次回っm(__)m

YouTube 「IBD安心レシピ」(始めたばかりですm(_ _)m) 

https://www.youtube.com/channel/UCa8mzW96fF55rX43J3KLX_Q

 twitter (えの@11歳からのクローン病) 

https://mobile.twitter.com/enokapusai

-闘病記

Copyright© クローン病「俺は死ぬまで寛解期!」 , 2020 All Rights Reserved.