闘病記

毎日のお弁当。

こんにちは、えのかぷさいです。


今週の火曜日から、毎日お弁当を持つようになりました。食事の内容に制限はあるものの、これでやっとクラスのみんなと同じように昼食が取れます。まず、火曜日のお弁当は、「お豆腐の味噌汁(ネギは取り除き、汁はこしたもの)、三分粥、マッシュポテト(ゆでたジャガイモを軽く潰して塩を振ったもの)」です。前日にリョッチャからリクエストがありました。できるだけアツアツのお弁当を届けてあげようと思い、この日の為に買っておいたランチジャーに作りたてを詰め、11時30頃学校に届けてあげました。
夕方、リョッチャが帰ってきて第一声。


「お弁当おいしかった!」


だったそうです。して、そのまま翌日のお弁当のメニューをリクエスト。「お素麵弁当」が食べたいとのことでした。当日の夕食もリョッチャのリクエストで「三分粥、豆腐のお味噌汁、こふきいも」を食べました。エレンタールゼリーが2Pありますので、あまりたくさんは食べられないのですが、「もっと食べたい!おかわり!」と、各3杯ずつおかわりをしました。

でも、食べられるようになったとはいえ、胃への負担を考えるとまだ一度の食事の量はそれほど増やせません。1杯を少なめに盛って何とかごまかしてはいますが、毎晩、食欲旺盛のリョッチャを抑えるのに大変です。そして翌日、水曜日。希望通りお弁当は「冷やし素麺(ネギ、ショウガは摩り下ろして絞り汁を加えてあげました)、こふき芋」にしてあげました。

ジャガイモが大好きなリョッチャは、主食が変わっても「こふき芋」だけは外せません。当日の夜はお豆腐とほうれん草(葉の部分のみ)のみそ汁、こふき芋です。この日もエレンタールゼリー2Pあるにもかかわらず、各3杯おかわりをしました。それでもまだ足りなく「もっと食べたい!」と寝るまで言ってました。可哀そうですが、過食気味になってしまっては元も子もありません。「食事開始時は内容と量を慎重に調整してください」と主治医に言われております。ここでしくじる訳にはいきません。


さて、食事をとるようになってからは、「リョッチャ亭」はしばらくお休みです。「今日は何食べたい?何作ろうか?」と毎日聞いてくれますが、それより自分の食事を楽しめるよう、食事の時間が長くなるようにお料理はお休みしてもらっています。そんなこんなで、やっと食事を食べられるようになったリョッチャ。リクエストが「粥、みそ汁、素麺、うどん、ジャガイモ」しかないのでバランスが悪いですが、そこはエレンタールに期待。


主治医からも治療指導で、1日のエレンタール摂取量6Pから3Pに変えていくのが治療方針ですが、エレンタール1P分のバランスがとれた栄養を食材で摂ろうと思うとかなりハードルが高いです。なので、前半はエレンタール1日6Pを基本に、追加の食事は基本的にリョッチャの好きな物を食べるようにする方針で行こうと思っています。脂質も1食10g以下とされていますが、摂らなければそれが一番良いわけですからね。

幸い、りょっちゃはフライや揚げ物、肉系はあまり好んで食べません。どちらかというと脂質の少ないものが好きで、豆腐やみそ汁、シラス、ほうれん草のお浸しや味噌きゅうりとかが大好きです。不幸中の幸いでしょうか。
毎晩リョッチャが「お腹すいた!」と連呼するので、とにかく早くお風呂に入って夕食用意して食べさせてと慌ただしいので、全然画像に残すことができていません。いつも食べ始めてから「あ、また画像撮るの忘れた!」ってな感じなので、活字だけのblogになってしまいました。次回は忘れずに撮りたいと思います。

昨日お薬&食事

  • 朝:エレンタール×2(600ml)             
  • ペンタサ250mg×4
  • 昼:エレンタールゼリー×1(200g)     
  • 冷やし素麺(本当は温かい煮麺が良いのですが、、、)&こふき芋。
  • 夜:エレンタールゼリー×2(400g)             
  • フェルム100mg×1    
  • お豆腐とほうれん草(葉のみ)のお味噌汁&こふき芋

以上、ではまた次回っm(__)m

YouTube 「IBD安心レシピ」(始めたばかりですm(_ _)m) 

https://www.youtube.com/channel/UCa8mzW96fF55rX43J3KLX_Q

 twitter (えの@11歳からのクローン病) 

https://mobile.twitter.com/enokapusai

-闘病記

Copyright© クローン病「俺は死ぬまで寛解期!」 , 2020 All Rights Reserved.